京都 四条河原町にある女性のためのロミロミおうちサロン開業スクールです。

サロン開業Q&A

日頃いただいたご質問にお答えさせていただきます。
QuestioをクリックするとAnswerが出てきます。

持病をお持ちの方への対応

Question私は今年の3月にリラクゼーションの自宅サロンを、オープンしたばかりの新米セラピストです。とても色々な事がわかりいつも参考にさせて頂いてます。

実は今 悩んでいることがありまして‥新規のお客様にカウンセリングを行っている上で、その方が持病(例えば高血圧でお薬を飲まれている・コントロールはできているけど糖尿病などなど)をお持ちの方がいらっしゃった場合、主治医の許可が必要ですと、施術自体をお断りするのが心苦しく悩んでおります。

リラックスをしたいからいらっしゃっているのに 何もして差し上げられずにお帰り下さいとはとても言い難いのです。
ひとまずそのようなときは『今日は軽めにさせて頂き、次回もし来て頂ける事がありましたら、主治医の許可を得て頂けますでしょうか‥』といったかんじで対処しているのですが、山根さんはこのような時 どのようにクライアントに説明しておいでですか?

また どうしたら お互いに気まずい感じにならずに説明できますでしょうか?
未熟な質問で 申し訳ありませんが ご意見の程よろしくお願い致します!
Answer持病をお持ちのお客様への対応についてですね。
まずは、お客様の状態をしっかりカウンセリングすることが重要です。

ご質問者さまのマッサージが、どのようなものかわかりませんので、具体的に、これが良い、悪いとはお答えできませんが、

例えば、高血圧でも段階があります。来店していただいているお客様が、どの段階の方なのか、通院中かどうか、主治医の先生からどのように言われているのか、薬でしっかりコントロールできているのかなどを伺い、そのお客様に、マッサージしても大丈夫なのかをセラピストが判断します。

私は、薬を飲まないとダメと主治医の先生から言われているのに、飲んでないんです。という方はお断りしますが、カウンセリングして、薬を飲んでいる方でも、マッサージをさせていただくことはあります。もちろん段階によりますし、圧には気をつけます。

また糖尿病の方も多いですね。症状、段階などをしっかり話を聞き、対応してください。

ご質問者さまのマッサージが、高血圧、糖尿病の患者さんは、すべて医師の許可が必要かどうか、一度スクールに聞いてみてください。

私も、カウンセリングし、このお客様はできないと感じるときはあります。
そのときには、お客様がマッサージを受けることで、どういうリスクがあるかを説明し、医師の許可がないとできないとお伝えします。

また、勉強不足で、その病気の方にマッサージしていいかわからない時は、本人にも聞きますし、すぐに調べます。

もし、医師の了承を得ていないけど、この方は大丈夫だと思えば、圧には気をつけて施術してください。例えばお客様が、強め希望だとすれば、お客様には、お体の状態をお話し、強めはできない。心地よい圧でよければ、受けてくださいとお話します。

自分で判断がつかないときには、最終的にお客様に決めて頂きます。
カウンセリングでこういう状態だと、こういうことしかできないですが、どうされますか?今日はやめておきましょうか?などといった感じです。

また、私のサロンでは、毎回、お客様に同意書のご署名を頂いています。

心配だけど、せっかく来ていただいたので、軽くします。となると、お客様もちょっと不安に思われると思います。

どうして、ダメなのかをお伝えできるように、知識を深め、リスクをお伝えした上で、お客様にも納得して施術を受けてもらう、もしくは施術はやめておくと判断してもらえると、お客様とも気まずい感じにならないと思います。

サロンをオープンすると、お客様に対して、一人で対処しなければいけないので、とくに医療従事者でない私たちは知識と判断力、そして経験をつんでいかなければいけませんね。

フーレセラピーのおうちサロンの集客

Questionフーレセラピーのおうちサロンをはじめました。

最初はチラシやメンバーズカードの作成、料金の設定、備品集め、色々なことを決めるのが楽しかったのですが、自宅の一室ということで、チラシには住所や固定電話を詳細には記載していません。
  
それならネット上で「お問い合わせフォーム」を作ろうと無料のHPを作成したり、アメブロのカスタマイズをしてもらったりしました。でもなかなか集客には、いたっておりません。

そこで、私が学んだスクールで開催している開業・営業セミナーを受けてみたのですが、まだまだマッサージを受けられる人はアナログの方が多いので、チラシの手配りがいいよ、ポスティングもがんばりましょう、その際、固定電話番号のほうがお客様は携帯よりも安心するし、営業時間は午前中の集客はあまり見込めないので、12~9時くらいがベストですね、HPなどは2次的広告として、ないよりあったほうがいいでしょうって感じでした。

サロンの営業として、とてもよくわかることなのですが、私としては自宅サロンだし、くつろいでいただけるように、現在はなるべく子供(小学1と5年)が留守中の9時半~15時のみ営業と考えています。(狭すぎですかね・・・) 

現在リピートのお客様も数えるくらいなのですが、まずは新規のお客様に来ていただいて、どんなものか受けていただかないと、リピートにはつながらないので、どうしたらいいものかと思っています。

やはり、おうちサロンなら、ネット上の新規を狙うのではなく、地域密着でポスティングのほうがいいのでしょうか?

ちなみにセミナーでは、ポスティングは、1キロ圏内に月1回100枚くばるなら、500メートル圏内に2回にしたほうがいいよっていわれてました。
でもポスティングは、捨てられやすいので、できれば人通りの多いところで、手配りのほうがいいとおっしゃってました。

ご意見よろしくお願いいたします。
Answerまずは、計画書を作りましょう。
毎月、いくらの売り上げが必要か、今後どういう風に発展させたいか、できれば、3年先までの計画書を作ってください。

その中で、ご自身の働き方について考えてくださいね。
しっかりお客様を集めたいという思いが、どこまで強いかを、まずは自分自身に問いかけてください。

フーレセラピーについてですが、まだまだ浸透性が低く、また足を使ってのマッサージなので、敬遠する方も多いです。
実際のところ、同じような時間、価格で他のマッサージと比べますと、手を使ったマッサージを受けたいと思う方が多いのが現状です。
実は私もフーレセラピーは受けたことがないんです。そんな方(私も含めて)にフーレの良さをわかってもらわないと、他のマッサージに比べて、まだまだ集客は難しいです。
ご質問者さまが、なぜフーレに惹かれたのか、フーレと手の違い、フーレのすばらしさなどを、もっとアピールしてくださいね。

営業時間については、私はお子さんのいない時間帯で悪くないと思います。
もちろん営業時間を広げると、お仕事帰りの方なども来てくださる可能性は広がりますが、自宅サロンのいいところって、お子さんが帰ってくる時に、お母さんが家にいることですもんね。
うちのサロンも朝の来店のほうが多かったりします。
実はサロンがお客様を選んでるところもあるんです。なので、働き方について、軸を決めてくださいね。

続いて、住所・電話番号についてです。
なぜ、住所・電話番号を載せることができないのですか?
きっと変なことに巻き込まれたら嫌という思いがあると思います。

では、実際にお客様の立場ならどうでしょうか?
住所が分からない・・・どんな家なんだろう・・・どんな人がいるんだろう・・・セラピストってどんな人だろう・・・怖い

住所が分からない・・・予約してから住所を教えてもらう仕組みが面倒

固定電話がない・・・本格的じゃないのかな・・・予約してもいいけど、着信履歴が残ってしまう・・・面倒

身体をマッサージするサロンで、住所や電話番号がないと、信用できないと思われることが多いです。
しかもおうちサロンの場合、相手の家に行くわけですから、もしかすると男性がいるかもしれない、そもそもセラピストが男性かもしれない・・ぐらい考えます。

●チラシでの集客の場合、住所、固定電話がない、セラピストがどんな方がイメージできない時は、集客率が落ちます。

●WEB集客については、うまく自分をアピールすれば、問題ありません。
いつもブログを見てる・・・どんな人か分かる・・・ブログで写真も見た・・・お部屋も素敵・・・ぜひこの人に会いたい・・・自宅の場所がくわしく載っていないけど、予約してみよう

ただし、WEBの集客はお金はかかりませんが、時間と手間がかかります。

ご質問者さまがどこまで、やる気を見せるかです。
まずはフーレセラピーについて、広める努力をしましょう。
チラシとWEBのどちらがいいかは、どちらもやってみるのが一番です。

また、体験会などを計画されても面白いかもしれません。
例えばですが、読者が多くて、アクセス数の多い地元のブロガーさん限定で、無料で施術してブログの記事に感想を書いてもらってもいいですね。(やらせは、なしですよ)

ブログでは、きっちりセラピストの写真や、お部屋の写真などを載せることです。

ちらしの内容も、フーレのこと、セラピスト、お部屋のイメージなどが伝わるものを作ってください。
ポスティングか、手配りかは、地域によって差がでます。
一般的には、手配りのほうが、お客様を見て渡すことができるので、効率は良いです。

とにかく、行動あるのみです。せっかくブログもカスタマイズしてもらったのですから、ご質問者さまの魅力とフーレの魅力を出して、ご質問者さまに会いたいというお客様に来てもらえるようがんばってください。

予約確認のメールを送ってもいい??

Questionこんにちは。いつも多大に拝見&参考にさせてもらっています。

ひとつ相談なのですが、来店されたお客様が次回予約をしてくれます。
1週間後の方もいれば、1カ月後の方もいらっしゃいます。

はじめのカルテ製作のときに、アドレスもいただいているので、前日に予約確認したほうがよいのか、かえってしつこいのか…。

やるなら、どのくらいのスパンあいた人に、おくればよいのか悩み中です。
よいアドバイスをお願いしたく思います。
Answerお客様への予約確認のメールについてですね。

一番良いと思うのは、全てのお客様に『明日お待ちしています』のメールをすることです。
もちろん昨日、おとついにご予約くださった方は省きます。

丁寧なメールを送れば、悪い気分になるお客様はいません。
実は、これ、ホットペッパーやその他のWEBサイトでは、自動的に送っている手法なんですよ。

ぜひ取り入れてくださいね。

エステ集客の悩み、フリーペーパーについて

Questionいつも拝見しています。やはり集客、顧客を増やす事に、頭を痛めております。
先月より今月、と少しずつ増えていますが、数回通って下さって、予約もわざわざ電話で変更されたお客様が当日連絡なく来ない…ということもあります。
顧客を増やす為に、ネットサイトで破格の金額でエステのチケットを売りました。
これで市内の方に店を知って頂けたようにも思います。

しかしまだまだ、ひと月の中で空いてる日があり どう、増やしていけば良いのか… 悩んでおります。

チラシもプロが制作したものを2000枚配りましたが、配り方も悪かったのか、集客なし。
私が作ったチラシで500枚くらいで1人来店がありました。チラシもいろいろ変えて作成しています。

媒体はフリーペーパーは続けていけないので止めましたが、反応なしでした。
良かったら何かアドバイスを下さいますようお願い致します。
Answerまず、サロンのターゲット・コンセプトは明確にできていますか?

破格のチケットについては、賛否両論ありますね。私も今まで、たくさん営業されましたが、私のサロンには合わないと判断したため、全てお断りしています。それが効果的なお店と、そうでないお店があります。

チラシについては、実際のものを見ていないのと、地域の状況がわかりませんので、なんとも言えません。

フリーペーパーは、そのフリーペーパーの種類によっても効果が違います。
ホットペッパーのように、『美容室を探したいから見る』、『マッサージに行きたいと思ったので店を探す』というような、お客様の目的がはっきりしていて、見る媒体と、地域の情報の中に、広告のようにサロン情報が載っている媒体では、集客率が違います。

前者の場合は、効果がすぐにでることが多いです。でも1・2ヶ月よりも数ヶ月続けて掲載するほうがより効果が上がります。
お客様は、1ヶ月目は、こんなサロンがあることを知る(まだ行動は起こさない)、2ヶ月、3ヶ月と気になり続けて、半年後に来店される方も多いです。

後者の場合は、お店のことを知ってもらうことからスタートです。広告の打ち出し方で、興味をもってもらい、HPに誘導することが重要です。
ですが、フリーペーパーを読んでいる人のうち、興味を持ってくださるのは一握りと考えたほうがいいでしょう。
その一握りの方へのアピールが、広告面にでているか、コンセプトが表れているか、ターゲットに合っているかを見直してください。こちらも、1回では、効果がでないことが多いです。

フリーペーパーは、小さい枠です。コースや価格を載せると、自分のサロンの魅力をアピールする記事は少なくなります。その中で、いかに興味を持ってもらうかが重要です。
ターゲットに、より詳しい情報(HP・ブログ)をみてもらうためのツールです。
毎月、目にしてもらい、気になってもらう。HPで詳しい情報をみてもらう。HPやブログで、施術者の顔や雰囲気を確認して、魅力を感じていただき、そして来店です。

今は、チラシや、フリーペーパーの記事だけをみて、来客されるお客様は少ないです。
気になるサロンを見つけるのが、上記のツールです。気になったサロンの情報をインターネットで検索し、HPを読み、良いと判断したら、予約します。

1,000円のランチを食べるのにも、ネットで評判を検索する時代です。
10,000円のエステ、マッサージなら、なおさらですよね。

アドバイスとしては、紙媒体でサロンを知ってもらい、ブログ・HPからの予約の強化をオススメします。
最初の1年は自分でいろいろ試し続けることが大切です。効果がない理由はなにがいけなかったのか、次はどうするかなど、次々と試してみてください。

練習中の施術代を頂いてもいいですか

Question今、別のスクールでリンパドレナージュの、フェイシャルまで習いました。ただ今練習中です。まだ、これからボディなども習います。
練習とはどのくらいまでして、どのくらいで施術代は頂いてよいものでしょうか?全部習い終わってから頂くのがよいのでしょうか?
Answerフェイシャルまで習得されたのですね。
練習については、まずは手順などを完璧に手にしみこむまで、積み重ねてください。途中で、どうだったかな??と手が止まってしまううちは、お金はいただくことができないです。

できるだけ、いろいろな方で練習するのをおススメします。
フェイシャルの場合、化粧品を使うので、練習にも費用がかかると思います。

手が慣れて、やれる!!と思えば、まずは化粧品などお金がかかっている分を計算して、実費を頂きつつ練習するといいですよ。

練習モデルさんたちに感想を頂くことにより、手技に自信が出てきます。
そのタイミングで、スクールの先生や、フェイシャルをお仕事にされている方に受けてもらうと、的確なアドバイスがもらえます。

その後、自信がついたら、施術代を頂いていいと思います。
練習中のアンケート項目に、いくらだとまた受けたいですか?という文句を入れると参考になりますよ。

ちなみに、ボディとフェイシャルは別の手技なので、全て学び終わってからでなくてもいいです。がんばってくださいね。応援しています。