京都 四条河原町にある女性のためのロミロミおうちサロン開業スクールです。

サロン開業Q&A

日頃いただいたご質問にお答えさせていただきます。
QuestioをクリックするとAnswerが出てきます。

扶養内で働く際の申告について

Questionブログ読者Tさま(リラクゼーションサロン)
質問させて頂きます。
今現在、旦那(会社員)の扶養内で自宅サロンでボソボソとさせていただいています。
これからも扶養内でと考えていますが、新しいマシンを購入し新メニューに加わったことで今後収入が38万円を超えてしまった場合、扶養のまま確定申告することは可能でしょうか。
Answerまずは、簡単におさらいしますね。
私達、自宅サロンのオーナーは、個人事業主となります。
個人事業主は収入ー経費=所得です。
収入ではなく、所得が38万円以内であれば扶養内となります。

例えば、Tさんがお客様からいただく施術料が、ひと月に20万円、1年で240万円だとします。

そこから経費を引きます。新しいマシンの代金や、お客様へお出しするお茶、水道、電気代などなどたくさんありますね。
ではその経費が202万円以上であれば、所得が38万です。(白色申告の場合)

青色申告であれば、65万円の控除があるので、137万円以上の経費がかかれば、扶養内です。

ちなみに、所得が35万円以内であれば、住民税、所得税、社会保険の扶養ですが、所得が35万円から38万円であれば、住民税は地域によってほんのわずかですが、支払わなければいけません。

くわしくは、税理士さんに聞いてくださいね。

お客様はブログで何を見ていますか

Questionお客様は、ブログを読むときにどんなところを重点的に見ていますか?
Answerブログで、なにを見ているか??
私がお客さまの場合

【文章の書き方。人となりをみています】
どんな人が、治療してくれるのかな。この人に会いたいな。と思うところを選びます。

【自分の目的にマッチしているかを見ます】
治療院の場合は、先生の治療に対する思いや、技術
リラクゼーションの場合は、スタッフさん、サロンの雰囲気、手技
ネイルなら、デザイン等、それぞれ求める点が違うと思います。

【このサロンは、支持されているかなというところを見ます】
お客様に発信しているメッセージが、新規の方向けばかりではなく、既存のお客様にも発信されているところ。きっとこんなお客様が通っているのだろうな、このサロンはお客様に愛されているなと感じたら、行きたくなります。

今回は、ちょうど私が治療院を選ぶときに見たポイントを例にあげましたが、お客様によって見る部分はそれぞれです。

まずはHP、ブログの連携と、お客様が知りたい情報(アクセス、コース、金額)がすぐに見つかるようにし、そこからお客様に自分のことを知ってもらうのが大切ですよ!!

ロミロミは日本とハワイどちらで学ぶ

Questionロミロミを学んで、サロンを開きたいと思っています。
今、別の仕事をしていますが、やめてハワイに行くべきか、仕事を続けながら日本で学ぶべきか悩んでいます。
日本とハワイどちらのスクールがオススメですか?
Answer日本、ハワイでそれぞれ数人の先生に学んだ、私自身の経験からの個人的な意見ですが、参考になればと思い、書かせていただきます。

ハワイの空気や自然を感じながらロミロミを学ぶということは、本当に素晴らしいです。
ただし、ハワイ・日本のどちらがいいかは、受講される方の今の状況によります。

・すでに、ロミロミや他のオイルマッサージの仕事をしている方
  →ハワイがオススメ
身体の使い方が慣れているので、新しい手技への吸収が早く、多くのことを得ることができます。

・時間のある方
  →ハワイがオススメ
2ヶ月以上の滞在が可能であれば、ぜひ、ハワイで学んでください。その時間はあなたの一生の財産となります。

・ボディワークが、全く初めての方
  →ハワイなら長期のプログラム、日本でも一週間に1回などの余裕のあるクラスがオススメ
身体の使い方をマスターするところから始めます。最初はついていくのに、経験のある方よりも努力が必要です。また、普段使わない筋肉を使うため、腕や腰が痛くなることもあり、1~2週間のプログラムだと、辛いことがあります。手技の流れを覚えるのに必死となり、身体の使い方などの重要なポイント・テクニックを見逃すことのないようにしましょう。

・初めてでもやる気のある方
  →ハワイ・日本ともにオススメ
ハワイで学ぶ場合は、渡航前に解剖の勉強をしてください。ハワイでは詳しく学べないスクールもあります。ロミロミでは、解剖学の勉強は必須です。また、日本で学んだ経験者の方が、同じプログラムに参加されることも多いので、スクール中は毎日の復習を、他の方よりも必死でがんばってください。

・卒業後すぐに個人サロンを開きたい方
  →日本で個人サロン経営をしているスクールがオススメ
スクールの授業以外でも、教わることがたくさんあります。実際の経営について、備品の購入先、集客の方法など、先生からたくさん教わってください。

ロミロミはスクールによって手技が違います。
テキストの無いスクールもありますし、大人数で習うものからマンツーマンのところまで、日本でもハワイでも様々です。

皆さんの今の状況によって、何が良いかを考えてください。
1ついえることは、今、感じているロミロミを学びたいという情熱を、保ち続けることのできる方向へ、進むことが大切です。
今ある環境、仕事、金銭面など様々な要素を並べ、一番良い選択をしてください。

例えば、『ハワイでロミロミを学びたいが、仕事を休めない、ハワイに行くのは2年先になる。』というのであれば、日本で学び、そこから時がくればハワイへ行けばいいのです。2年後、得ているものは大きく違います。

どんな道を通っても、常に情熱を保ち続けることができれば、結果はでてきます。日本でも、ハワイでも、今出来ることか始めてくださいね。

今すぐにスクールに通えない時に勉強すること

Question理学療法士の婚約者が、将来自宅で整体サロンを開業する予定です。
私も手伝いたい思いがあり、今後アロマトリートメント、ロミロミなどの施術をしていきたいと思っております。

スクールに通って技術や知識を学ぶのが、一番いいとは思うのですが、結婚資金などで、お金に余裕もなくスクールにも通えないのです。

独学でもアロマ検定など何かしらの資格は、もっていた方がいいのでしょうか?今、私に何が出来るのかわからなくて悩んでおります(・_・、)

是非、山根様の意見お聞かせ頂けないでしょうか?
Answer今後のことですが、できれば、サロンオープン時に、整体だけではなく、ご質問者様が違う手技のトリートメントができると、とてもいいですよ。

整体のみよりも、様々なお客様を呼び込むことができます。
また男性のみのサロンよりも、女性(しかも奥様)が、オイルトリートメントをしているとなると、安心感につながります。
整体のお客様が、次はトリートメント、トリートメントのお客様が、次は整体というリピートにもつながります。

現時点で、スクールに通えなくても、始めることはたくさんあります。

まずは、ご質問にもある『アロマ検定』です。アロマ検定は独学で勉強できますし、検定代も高くないので、ぜひ勉強をしてください。

また、婚約者さまが整体、ご質問者さまがオイルトリートメントであれば、筋肉や骨などの解剖学やマッサージについて勉強してください。
例えば、オイルトリートメントのお客様に施術をしていて、(ここが歪んでいるから、痛みがでているな)(この歪みがとれると、もっとスリムになるなぁ)というように、身体を見て、マッサージをして気づくことができれば、『身体のここが歪んでいるので、ここがしんどくなりますね。もしよければ、一度整体を受けてみられるのはいかがですか』と、お声がけすることができます。

本がたくさん出ているので、いまのうちに勉強しておくといいですよ。
スクールで学ばれる前に、こういった知識を持っているのと、持っていないのでは、スクールの充実度が変わりますので、おススメです。

また、今後なんの手技を学ぶのかを、じっくり考えるのもいいですね。
スクール代はけっして安いものではないので、自分が本当に気持ちいいと思う、効果がある手技を見つけてくださいね。また、マッサージの方法が載っている本や、DVDをみて実際にマッサージしてみるのもいいですよ。手の使い方などの勉強や、手技の違いなどを見て感じてください。

ご質問者さまの場合、本を読んでわからないことは、婚約者さまに質問することができるので、知識がどんどん増えていくと思います。手技プラスアルファの知識があるセラピストに、ぜひなってくださいね。

自宅サロンでのお会計のタイミング&インターホン

Questionはじめまして。このたび自宅サロンをオープンします。 今は、モニターを条件として50%オフでトリートメントしています。

早速ですが、質問させて下さい。 お客様にトリートメントの最中に、宅急便などピンポンされることがあり、リラックスの 流れが止まってしまい出るべきか・・困ってしまうことがあります。 お客様もショーツ1枚だったりするので、一気にリラックスから緊張感になってしまう気がします。 どう、対処されてますか??

また、お会計のタイミングがなかなか言いにくいです。次のお客様の準備などがあったりすることもあり、どうお会計をしてお帰りの方へ話をもっていこうか悩む時があります。 何かいいアドバイスがありましたら、教えて頂けると嬉しいです。 宜しくお願い致します。
Answerもうすぐ、オープンですね。おめでとうございます。

まずは、施術中のインターホンについてですが、基本的には出ません。
エステやマッサージの場合、施術の時間で代金を頂戴していますので、施術中はお客様だけの時間です。
私のサロンでは、インターホンの音をできるだけ小さくしています。もし音が調整できるのであれば小さい音の設定にしてくださいね。

これは電話についても同じです。電話のメロディも小さく設定してください。

あとはサロンの音楽が重要です。音楽の音量も心地よいものを設定すると、意外と気にならなくなりますよ。

続いてお会計のタイミングですね。
お会計のタイミングは、私も最初悩みました。

きっと施術のあとは、お着替えをしていただき、お茶を出しますね。お客様がお茶に口をつけてから、半分飲む間に、
「おつかれさまでした。いかがでしたか」
「身体・お肌の状態」
「サロンのコース、割引の紹介」
などをお話し、お会計のお皿をお客様のテーブルに出します。
「本日はありがとうございます。今日のコースは○○で、○○円です」とお声をかけると、自然です。

ちなみに身体の状態などは、お会計の後でもいいですよ。
ポイントカードなどがあれば、もっとスムーズです。「本日、ポイントカードはお持ちですか」と声をかけると、みなさん鞄やお財布からカードを出されるので、そのタイミングでお会計の流れになります。

お帰りへの誘導ですが、施術の後は、個人的な話はあまりしないようにする!!これを意識してください。個人的なお話はフットバスの時間などにできます。
施術のあとは、お身体やお肌のこと、今後のアドバイスの時間です。話の主導権はセラピストです。

また、自宅サロンとはいえ、セラピストはイスに座らないようにしてくださいね。立ったままか、床に片足をつけた状態などでお話してください。
イスに座ると、立つタイミングが難しくなります。

こちらからお伝えしたいことが終われば、
「たくさんお時間をいただいてありがとうございます」
「玄関までお送りいたしますね」
などと言うと、スムーズですよ。

もし、話の主導権がお客様となり、時間が長くなった時は、時計を見て「こんなに長い時間まですみません」と言うと、大丈夫ですよ。

お上着をお預かりしている時は、上着をとると、皆さん席を立たれます。

地域によって差があるので、私が書かせていただいた内容で、ダメな地域もあるかもしれません。また、お客様と近い距離で接したいから、あえてイスに座り、長くお話されるセラピストの方もいると思います。

あくまで、個人的な意見ですが、参考になれば幸いです。