京都 四条河原町にある女性のためのロミロミおうちサロン開業スクールです。

スクールブログ

チラシ作りのコツ

スクールブログ > 集客 > チラシ作りのコツ
12.06.10

サロンのチラシ作りについて、私が気づいたコツを、お伝えします。

最近私の自宅に入っていた手作りチラシを例に出しますね。
書いてある内容は

●サロン名
●キャッチコピー
●コース名 時間 金額 ×3コース
●チラシ持参で1000円引き
●有効期限
●住所
●TEL
●営業時間
●HPへのQRコード

全体的に、かわいらしいキャラクターのイラストが入っています。

チラシを見たときに、作る手間、費用、ポスティングの時間などを考えると、
もったいないなぁ!!と思いました。
もう少し内容を充実できるはずです。

さて、何が必要だと思いますか??みなさんも考えてみてくださいね。

では、私が考える改善点です。

●コースの内容がわからない
フェイシャルであれば、クレンジング、洗顔、マッサージ、パックなどがスタンダードな内容になりますね。でもそれだけだと、わかりにくいです。
まずは、このコースが何に効果があるのかが書いていません。(ex:リフトアップ、美白、乾燥、しみ、しわ・・・など)
また、どんな商材を使っているのかを書くといいですね。(ex:お肌に優しい、植物療法の考えに基づいたパック・・・)
パックの間に、デコルテをマッサージすることや、最後のお茶サービスなど、その他にも、アピールしたい内容を、できるだけ文章でわかりやすく説明しましょう。

●地図がありません
住所を見ても、場所がわかりません。場所がわからないと調べるのも面倒ですし、行こう!!と思う気持ちがDOWNします。逆に地図を見て、『あ、近いなぁ』や『前にこの近く通ったことがある』と感じてもらうと親近感がわきます。

●写真がありません
どんなサロンなのか分からないと不安です。施術ルームや、カウンセリングルームなどの写真があると、安心して予約できます。

●セラピストの写真があると尚、良いです
自己紹介のような正面の写真ではなく、例えば、マッサージをしている様子など、ぼんやりとでもよいので、セラピストの写真があると、安心度がUPします。

●ホームページのQRコードは良いですが、ホームページのURLや、『○○サロン 京都』で検索といった言葉があると良い

あとは、そのチラシを見てもらわないと、なかなかお伝えできないのですが、ぱっと思っただけで、このような改善点があります。

皆さんも他のサロンさんのチラシを参考にしてみてくださいね。

スクールブログ